最強の都道府県選択のUIを考えてみた【HTML+CSS+jQuery】

jQuery

仕事で、都道府県を選択させてそれに応じた情報を表示させるUIを作る必要がありました。

例えば、店舗情報や求人情報などは都道府県毎に整理して表示させることになるでしょう。

しかし、都道府県の選択をユーザーにストレスなく操作させるのは難儀なことです。

なにせ、選択肢が47種類もあるのですから。

なので今回は、都道府県UIをHTML+CSS+JavaScript(jQuery)を使用して作ってみました。

使いやすい都道府県選択UIとは

そもそも、使いやすい都道府県選択にするには、何を目指せばよいのでしょうか。

今回は「最短」「最速」で、「特定の都道府県を選べる」ことを目標に、UIを模索していました。

既存のUIを見てみる

まずは、今まで自分が作ってきたUIや、既に運用されているサイトなどを参考に、どんなUIがあるか調べてみました。

セレクトボックス選択

セレクトボックスは、<select></select>を使用して47都道府県を選択させるものです。

なんといっても、作るのが簡単なのが最大のメリット。

また、既存のフォーム部品を使用しているので、jQueryなどの操作がしやすいです。

一方で、使うユーザーからしたらかなり使いにくいUI。

47都道府県分の選択肢が一列に並んでいるため、探すのが面倒くさすぎる。

北海道や東北地方を選ぶ場合はともかく、関西のほうになるとかなりスクロールが必要になります。

また、セレクトボックス自体の仕様が、iOSではかなり操作性が悪いのもマイナスポイントです。

iOSブラウザのセレクトボックスUIが使い辛すぎ問題
WEB屋さんなら、タイトルである程度察してもらえるこの問題。 昨今のWEBサイトは、スマートフォンからのアクセスがほとんどのため、デザインや操作性はスマートフォンでストレスなく使えることが最重要課題となっている。 特に、ユーザー...

しかしセレクトボックスの場合は、作る側からしたら相当楽なのも事実。

UIとの利便性を折衷して決める必要になるでしょう。

個人的には、セレクトボックスは選択肢が多すぎる場合は使いづらくなるので、都道府県選択にはなるべく控えた方が良いのかな…と思っています。

テキスト選択(リストやテーブル)

Yahoo!地図(PC版)は、下記画像のように都道府県を選ぶようになっています。

大まかな地域ごとに都道府県をまとめ、都道府県へ1回の操作でアクセスできるようになっています。

地域(関東など)で区分けされている分、セレクトボックスUIよりも使いやすく、見やすいですね。

ただし、背景画像の日本地図と選択する都道府県がリンクしていないので、デザイン的にしか使用されていません。
(意図は伝わりやすいですが)

また、「これスマホで見たらどうなるんだ?」と思ってスマホで同一ページを確認しようとしたところ、該当のページがありませんでした。

試しにテーブルで作ってみたものが↓これです。

北海道 北海道
東北 青森 岩手 秋田 宮城 山形 福島
関東 茨城 栃木 群馬 埼玉 千葉 神奈川 東京
中部 新潟 富山 石川 福井 山梨 長野 岐阜 静岡 愛知
近畿 三重 滋賀 京都 大阪 兵庫 奈良 和歌山
中国 鳥取 島根 岡山 広島 山口
四国 徳島 香川 愛媛 高知
九州 福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄

PCでは一見問題ないように見えますが、「都道府県を行にまとめる」という考え方のため、横幅が狭いスマホでは文字サイズが小さくなり、誤タップの原因になりかねます。

文字サイズを大きくすることもできるのですが、そうするとテーブルとしての統一感が崩れてしまい、結果的に見にくくなってしまいます。

その辺は一工夫必要でしょうね。

結論

この2つの例を見て、

  1. 探す工程が少ない
    (地方→都道府県と選択肢を絞れる)
  2. スマホユーザーに配慮されている
    (十分な文字サイズで見やすい・押しやすい)
  3. PC、スマホ共に共通で使えるコード(開発者向け)

が、ユーザー(と開発者)にとって使いやすいUIではないかと考え、都道府県UIを作ってみました。

完成した都道府県選択UI

まずは、最終的に自分が思考を重ねて出来上がったUI↓をご確認ください。

デモ

\都道府県を選んでください/

日本地図 北海道・東北 関東 中部 近畿 中国・四国 九州・沖縄
北海道
青森県
岩手県
宮城県
秋田県
山形県
福島県
茨城県
栃木県
群馬県
埼玉県
千葉県
東京都
神奈川県
新潟県‎
富山県‎
石川県‎
福井県‎
山梨県‎
長野県‎
岐阜県
静岡県
愛知県‎
三重県
滋賀県
京都府
大阪府
兵庫県
奈良県
和歌山県
鳥取県
島根県
岡山県
広島県
山口県
徳島県
香川県
愛媛県
高知県
福岡県
佐賀県
長崎県
熊本県
大分県
宮崎県
鹿児島県
沖縄県
都道府県選択セレクトボックス(上の選択を反映・運用時はdisplay:noneで非表示)

PC,スマホ共に動作すると思います。

背景にした日本地図に位置を合わせて、地域を選ぶボタンを配置させました。
これによって、直感的に地域を把握できるよう意識しています。

そしてボタン押下後、その地方に属した都道府県を選ぶ、という操作になっています。

処理が行われているか分かりやすくするために、下にセレクトボックスを表示させていますが、実際は非表示で運用することになるでしょう。

使用した日本地図画像

使用した日本地図は、フレームイラストさんから配布されているものを使用しました。

この画像を「546×506」にリサイズして使用しました。
県ごとに線で区切られているため、塗りつぶしツールが大活躍。
地域の区分けがやりやすかったです。

元素材の配布先はこちらです。
※再配布は禁止のため、使用する場合はこちらからダウンロードをお願いします。

HTML

<div class="japan_map">
    <img src="使用する日本地図画像を使ってください" alt="日本地図">
    <span class="area_btn area1" data-area="1">北海道・東北</span>
    <span class="area_btn area2" data-area="2">関東</span>
    <span class="area_btn area3" data-area="3">中部</span>
    <span class="area_btn area4" data-area="4">近畿</span>
    <span class="area_btn area5" data-area="5">中国・四国</span>
    <span class="area_btn area6" data-area="6">九州・沖縄</span>
    
    <div class="area_overlay"></div>
    <div class="pref_area">
        <div class="pref_list" data-list="1">
            <div data-id="1">北海道</div>
            <div data-id="2">青森県</div>
            <div data-id="3">岩手県</div>
            <div data-id="4">宮城県</div>
            <div data-id="5">秋田県</div>
            <div data-id="6">山形県</div>
            <div data-id="7">福島県</div>
            <div></div>
        </div>
        
        <div class="pref_list" data-list="2">
            <div data-id="8">茨城県</div>
            <div data-id="9">栃木県</div>
            <div data-id="10">群馬県</div>
            <div data-id="11">埼玉県</div>
            <div data-id="12">千葉県</div>
            <div data-id="13">東京都</div>
            <div data-id="14">神奈川県</div>
            <div></div>
        </div>
        
        <div class="pref_list" data-list="3">
            <div data-id="15">新潟県‎</div>
            <div data-id="16">富山県‎</div>
            <div data-id="17">石川県‎</div>
            <div data-id="18">福井県‎</div>
            <div data-id="19">山梨県‎</div>
            <div data-id="20">長野県‎</div>
            <div data-id="21">岐阜県</div>
            <div data-id="22">静岡県</div>
            <div data-id="23">愛知県‎</div>
            <div></div>
        </div>
        
        <div class="pref_list" data-list="4">
            <div data-id="24">三重県</div>
            <div data-id="25">滋賀県</div>
            <div data-id="26">京都府</div>
            <div data-id="27">大阪府</div>
            <div data-id="28">兵庫県</div>
            <div data-id="29">奈良県</div>
            <div data-id="30">和歌山県</div>
            <div></div>
        </div>
        
        <div class="pref_list" data-list="5">
            <div data-id="31">鳥取県</div>
            <div data-id="32">島根県</div>
            <div data-id="33">岡山県</div>
            <div data-id="34">広島県</div>
            <div data-id="35">山口県</div>
            <div data-id="36">徳島県</div>
            <div data-id="37">香川県</div>
            <div data-id="38">愛媛県</div>
            <div data-id="39">高知県</div>
            <div></div>
        </div>
        
        <div class="pref_list" data-list="6">
            <div data-id="40">福岡県</div>
            <div data-id="41">佐賀県</div>
            <div data-id="42">長崎県</div>
            <div data-id="43">熊本県</div>
            <div data-id="44">大分県</div>
            <div data-id="45">宮崎県</div>
            <div data-id="46">鹿児島県</div>
            <div data-id="47">沖縄県</div>
        </div>
    </div>
</div>

imgのsrcは、使用したい日本地図画像に置き換えて使用してくださいね。

CSS

/* 日本地図DOM */
.japan_map{
    position: relative;
    box-sizing: border-box;
    margin: 0 auto;
    display: table;
    background-color: #adf6ff;
}
/* 日本地図画像(スマホ対応用) */
.japan_map img{
    max-width: 100%;
    height: auto;
    border: 0;
    -webkit-backface-visibility: hidden;
}
/* 日本地図ボタン */
.japan_map .area_btn{
    position: absolute;
    z-index: 1;
    box-sizing: border-box;
    cursor: pointer;
    border: 3px solid #333333;
    border-radius: 5px;
    background-color: #FFF;
    padding: 0.2em auto;
    font-weight: bold;
    text-align: center;
    white-space: nowrap;
}

/* ボタン配置(使用する日本地図画像により微調整) */
.japan_map .area_btn.area1{
    top: 30%;
    right: 0;
    width: 30%;
}
.japan_map .area_btn.area2{
    top: 58%;
    right: 11%;
    width: 13%;
}
.japan_map .area_btn.area3{
    top: 56%;
    right: 27.5%;
    width: 13%;
}
.japan_map .area_btn.area4{
    top: 65%;
    right: 44%;
    width: 13%;
}
.japan_map .area_btn.area5{
    top: 52%;
    left: 20%;
    width: 25%;
}
.japan_map .area_btn.area6{
    top: 70%;
    left: 0;
    width: 25%;
}
/* オーバーレイ */
.japan_map .area_overlay{
    display: none;
    position: absolute;
    z-index: 2;
    top: 0;
    left: 0;
    min-width: 100%;
    min-height: 100%;
    width: auto;
    height: auto;
    background-color: #111;
    opacity: 0.5;
    cursor: pointer;
}

/* 選択前は表示を隠す */
.japan_map .pref_area{
    display: none;
}

/* 地域毎の都道府県リスト */
.japan_map .pref_list{
    position: absolute;
    top: 50%;
    left: 50%;
    transform: translateY(-50%) translateX(-50%);
    -webkit-transform: translateY(-50%) translateX(-50%);
    z-index: 3;
    box-sizing: border-box;
    display: -webkit-flex;
    display: flex;
    -webkit-flex-wrap: wrap;
    flex-wrap: wrap;
    width: 90%;
    background-color: #FFF;
}
.japan_map .pref_list > div{
    box-sizing: border-box;
    width: 50%;
    border: 1px solid #CCC;
    font-weight: bold;
    text-align: center;
    padding: 0.5em;
    cursor: pointer;
}

@media screen and (max-width: 480px){
    /* スマホユーザー向けにボタン文字サイズを調整 */
    .japan_map .area_btn{
        font-size: 4vw;
    }
}

「ボタン配置(使用する日本地図画像により微調整)」と書かれている部分は、日本地図画像で使用した画像サイズによって最適な位置が異なります。

デモで使用した日本地図画像は、「546×506」ピクセルのものです。(配布画像サイズより少し小さく修正しました)

同じ画像、同じサイズで用意して頂ければ、上記と同じCSSでもピタッと配置されると思います。

JavaScript(jQuery)

<script>
$(function(){
    //地域を選択
    $('.area_btn').click(function(){
        $('.area_overlay').show();
        $('.pref_area').show();
        var area = $(this).data('area');
        $('[data-list]').hide();
        $('[data-list="' + area + '"]').show();
    });
    
    //レイヤーをタップ
    $('.area_overlay').click(function(){
        prefReset();
    });
    
    //都道府県をクリック
    $('.pref_list [data-id]').click(function(){
        if($(this).data('id')){
            var id = $(this).data('id');
            //このidを使用して行いたい操作をしてください
            //都道府県IDに応じて別ページに飛ばしたい場合はこんな風に書く↓
            //window.location.href = 'https://kinocolog.com/pref/' + id;
            
            prefReset();
        }
    });
    
    //表示リセット
    function prefReset(){
        $('[data-list]').hide();
        $('.pref_area').hide();
        $('.area_overlay').hide();
    }
});
</script>

都道府県を選択した時に、県ごとのidを取得できますので、行いたい操作を行ってください。

非表示にした都道府県セレクトボックスに代入して、都道府県の操作を既存のページで進めるもよし、ajaxで対応した都道府県データを取得するもよし、別ページに飛ばすもよしです。

コメントアウトしているwindow.location.hrefの部分を使えば、都道府県を選んだ段階でページ遷移も行えます。


都道府県を選ぶ操作が必要なWEBサイトは、求人や店舗案内のサイトなら、サイトの入り口となっていることが多いはず。

すなわち、ユーザビリティの重要性が大きい部分と言えますので、なるべくストレスフリーな操作を提供しておきたいですね。

以上、最強の都道府県選択のUIを考えてみた、でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました