PHPで配列の合計、平均、最小、最大を取得する方法

PHPで配列の数値の合計、平均、最小、最大を取得する方法をまとめました。

配列の合計を取得する

配列の合計を取得する場合はarray_sum関数を使用します。

サンプルコード
$aryHoge = [1, 2, 3, 4, 5];

$fuga = array_sum($aryHoge);

echo $fuga;
15

配列の平均を取得する

配列の平均を取得する場合は、PHPの組み込み関数には存在しないので、先ほど解説したarray_sumと、配列の件数を取得するcount関数をあわせて使用します。

サンプルコード
$aryHoge = [1, 2, 3, 4, 5];

$fuga = array_sum($aryHoge) / count($aryHoge);

echo $fuga;
3

配列の最小値を取得する

配列の最小値を取得する場合は、min関数を使用します。

サンプルコード
$aryHoge = [1, 2, 3, 4, 5];

$fuga = min($aryHoge);

echo $fuga;
1

配列の最大値を取得する

配列の最小値を取得する場合は、max関数を使用します。

サンプルコード
$aryHoge = [1, 2, 3, 4, 5];

$fuga = max($aryHoge);

echo $fuga;
5

以上、PHPで配列の合計、平均、最小、最大を取得する方法、でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました