jQueryでconsole.log(コンソールログ)によるデバッグ方法

jQueryで開発中に、ある変数やオブジェクトの状態を確認したいデバッグ時に便利なconsole.log(コンソールログ)の使い方をご紹介します。

console.logとは?値をブラウザのデバッグツールで表示する機能です

console.logとは、値をブラウザのデバッグツールに表示する、JavaScriptのメソッドです。

これはjQueryの機能ではなく、JavaScriptの機能であるため、jQueryライブラリを読み込まずとも利用できます。

開発中、何かが上手くいっていないとき、変数やオブジェクトの値の確認を行いたい時があります。

その時に、「現在この値はどうなっているか」をブラウザに表示させてくれる機能なのです。

console.logの書き方

使い方は簡単で、console.log()のカッコの中に、確認したい値を入れるだけです。

サンプルコード
<script>
console.log('Hello world!');
</script>

変数の表示方法

変数を表示させたい場合は、'(シングルクオーテーション)や"(ダブルクオーテーション)を使用せず値を入れてください。

サンプルコード
<script>
//変数の値の変化を確認
var hoge = 1;
console.log(hoge);
hoge = hoge + 1;
console.log(hoge);
hoge = hoge * 10;
console.log(hoge);
</script>

配列の表示方法

変数の配列も同様に表示させることが出来ます。

<script>
//変数の値の変化を確認
var aryList = ['fuga', 'hoge', 'fugahoge'];
console.log(aryList);
</script>
Array(3) [ "fuga", "hoge", "fugahoge" ]

オブジェクトの表示方法

console.logでは、変数や文字列ではなく要素(オブジェクト)を指定することが出来ます。

<script>
console.log($('p'));
</script>

指定したオブジェクトが何個あるか、などの調べ方を行いたい場合はlength()を指定すると数が分かります。

以下の例では、このページのpタグの数を表示させています。

サンプルコード
<script>
console.log($('p').length);
</script>

console.logの各ブラウザ表示方法

console.logのデバッグ表示を各ブラウザで確認する方法です。

Google Chrome

Google Chromeでは、F12キーを押す、または右クリックで「検証」を押すと、検証ツールが開きます。

その後、表示されたツールのタブの「console」をクリックすることで、コンソール結果が表示されます。

FireFox

FireFoxでは、F12キーを押す、または右クリックで「要素を調査」を押します。

表示されたタブの「コンソール」をクリックすることで、コンソール結果が表示されます。

MicroSoft Edge

MicroSoft Edgeでは、F12キーを押す、または右クリックで「要素の検査」、または右上のオプションから「開発者ツール」を選びます。

次に表示されたタブから「コンソール」を選ぶと、コンソール結果が表示されます。


JavaScript、及びjQueryの開発ではよく使用するメソッドなので覚えておきましょう。

以上、jQueryでconsole.log(コンソールログ)によるデバッグ方法、でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました