JavaScriptのfor…inの使い方

スポンサーリンク

for…inは、配列、オブジェクト(連想配列)を繰り返しキー(プロパティ)を取得する構文

JavaScriptのfor in文は、指定した配列またはオブジェクトを繰り返し、配列ならばindex(キー)を、オブジェクトならばプロパティを取得できる関数です。

値ではなくキーを取得する構文なので、注意してください。

キーやプロパティがあればオブジェクトも同時に取得できるため、汎用的に活用できる構文となっています。

配列の場合

サンプルコード
var array = ['fuga', 'hoge', 'piyo'];

for(key in array){
    console.log( key + ':' + array[key] );
}

オブジェクト(連想配列)の場合

サンプルコード
var obj = {'fuga' : 'ふが', 'hoge' : 'ほげ', 'piyo' : 'ぴよ'};

for(key in obj){
    console.log( key + ':' + obj[key] );
}

continueで繰り返しのスキップ

for…in文は、繰り返し処理をスキップし、次のループに勧めるcontinueが使用できます。

サンプルコード
var array = ['fuga', 'hoge', 'piyo'];

for(key in array){
    if(array[key] === 'fuga') continue; //0 fugaを飛ばす
    console.log( key + ':' + array[key] );
}

breakで繰り返しの中断

for…in文は、繰り返し処理を中断し、ループを終了させるbreakを使用できます。

サンプルコード
var array = ['fuga', 'hoge', 'piyo'];

for(key in array){
    if(array[key] === 'hoge') break; //1 hogeになったらループの中止
    console.log( key + ':' + array[key] );
}

以上、JavaScriptのfor…inの使い方、でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました