Unityで3Dアクションゲームを作りたい【ゲーム制作話】

ゲームを作りたい(唐突)。

現在はWEBに興味を持ちそれ関係の仕事をしておりますが、一応、小学生の文集で「任天堂でゲームを作る!」と夢を書き込むくらい、昔から潜在的なゲーム制作の興味はずっとありました。

実際はどうやって作るかすら分からず、いつか出来たらいいなぁなんて思いながら10数年を経過し、「Unity」の存在を知りました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

Unityについて

Unity(ユニティ)とは、複数のプラットフォームに対応(スマホとかゲーム機とかで動かせる)したゲーム開発用のソフトウェアです。

詳しく説明するとややこしいので割愛しますが、Unity1つで2Dや3Dアクション、FPSやRPG、レースゲームやADVゲームなんかも作れちゃう、とにかくすごいソフトなんです。

今ですとポケモンGO、スーパーマリオラン、白猫プロジェクトなどがUnityで作られています。

ちなみに開発画面はこんな感じ。

もうなんか「なんでも作れまっせ感」がにじみ出ています。

そんなすごいソフトなのですが、なんとこのUnity、無料でダウンロードして利用することが出来るのです!

「こんなすごいソフトさえあれば、俺でもゲーム作れるんじゃね?」という軽い考えで、約1年半前の2016年秋くらいに、Unityを触ってみたのが導入です。

最初に作ったのは平面に白い球を置いてそれを眺めるゲーム。(?)

Unityクソむずい

Unityさえあれば俺でもスマブラとか作れるだろwwとか草を生やしながら挑んだゲーム制作。

当然そんな簡単に行くわけもなく、それどころか基本的な機能の実装すら長時間かかり、何度も壁にブチあたりました。

何がそんなに難しいんだよと言う話ですが、

まずソフト内すべての記述が「英語」であること。

中学英語レベルの自分では大体が理解できないので、Google翻訳とにらめっこしながら開発を進めていくことになります。

※日本語公式ドキュメントで解説がある場合もあるよ!

なので多分他の開発者の方より、トライ&エラーの回数が多く、1つの機能を実装するのに無茶苦茶時間がかかりました。

そんなペースなのでやる気も停滞していき、「週に1回くらいは進めておくか…」とは思いつつも2か月放置したり、開始したりするのが日曜日の25時(※月曜日です)とかだったり、モチベーションの維持が出来ませんでした。

もっとも、すべては自分の能力の無さが悪いのですが…。

なんとか人に見せられるくらいの機能が完成

低空飛行なモチベーションが続いたゲーム制作ですが、それでもしぶとくちょこちょこ作成を続け、なんとかTwitterで公開してもいいかなレベルの機能は作れました。

以下はTwitterにて公開した動画です。

出来た機能といえば、

  • 移動
  • カメラワーク(ジャイロ操作)
  • ジャンプ
  • モーション
  • ショット(攻撃)
  • SE(一部)

くらいでしょうか。(少ねぇ…)

それでもやはり後半になればなるほど理解は深まり、現在のモチベーションはやや上昇志向です。

Twitterやブログに進捗報告をすることで、ある程度反応が貰えて、それがモチベーションに繋がっていくので、今後もちょこちょこやっていきたいと思います。

Unityの開発中は、行き詰まり苦しむことが結構ありますが、やっぱり出来上がったものを動かした時の感動は忘れられません。

ゲーム制作に興味がある方は、是非Unityについて調べてみてはいかがでしょうか。

私も同じ開発者仲間が欲しいので、是非Twitterやコメントで声をかけてくださいね!

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする