teratailで回答率を上げる4つの心がけ

前回は、エンジニア専用のQ&Aサイト、teratailの紹介記事を書きました。

プログラムで分からない時はteratailを使って即解決しよう
プログラムを作成していて、サクサク最後まで完成できたという開発者は少ないと思います。 どこかで、「理想の処理ができない」「エラーが出た...

質問に対して、回答率93%を超えるというとても便利なサービスですが、いつまで経っても回答が来ない質問も存在します。

teratail2

自分も回答0だった経験はあります。

ただ、目の前の疑問をいち早く解決したいのに、回答がまったく来ないと困りますよね。

今回は、自分の経験から、teratailで質問をする上で守りたい4つの心がけを書きたいと思います。

1 質問する前に、検索エンジンで徹底的に調べること

質問内容が、「teratailでないと解決できないことか」を疑ってください。

まずは徹底的に、グーグルで解決策があるかを調べてください。

エンジニアたるもの、自分で調べて、自分で解決する努力を怠ってはなりません。

自分で何も調べようとせず、ただただやりたいことをteratailに書いただけの質問は、

「やって欲しいことを記載した丸投げの質問」として低評価の扱いを受けてしまいます。

teratailの利用は、あくまで最終手段として思っておくべきです。

2 質問内容を、細かく「超」明確に記載すること

質問をする上で一番大事なのは、

「何がやりたくて、何で困っているのかを相手にしっかり伝える」

これに尽きます。

「どの言語で」「何がやりたくて」「何で困っているか」を明確に記載するのはもちろん、

「ソースコードの記載」「エラーコードの記載」「言語のバージョンの記載」「使用環境(OS等)の記載」など、とにかく情報は詰めるだけ詰め込むべきです。

特にソースコードは、有ると無いでは受け取り手に対する情報は雲泥の差です。

回答者の中には、質問者の状況を再現して、考えてくれる方もいらっしゃいます。

回答を貰うためには、より多くの情報を提示し、相手に伝えましょう。

3 常に謙虚であること

こちらは分からないことに対して助けを求めている立場で、回答者は、何の見返りもなく考えてくれる立場になります。

そんな回答者に対して自分は、「常に感謝の気持ちを持って質問をするべきだ」考えています。

例えば、

「○○が分かりません。原因と解決策を誰か教えてください。」

と、

「○○について、どなたかご教示お願いできますでしょうか。」

では、どちらが好印象な質問だと捉えられるでしょうか。

おそらく後者だと思います。

善意で一緒に疑問を解決してくれる回答者がいてのteratailです。

そんな回答者さんに感謝の気持ちを込めて、質問内容の言葉遣いから見直してみましょう。

4 妥協も視野に入れること

質問内容に対して、必ずしも解決できる回答が来るとは限りません。

中には、

「○○は現状の技術では難しいです」

といった否定や、

「○○は難しいですが、他にも□□などの方法もあります」

などの代替案の回答をくださる場合もあります。

それに対して、

「いや!どうしてもこれでやりたいんだ!」

などと意固地になっても、出来ないものは出来ないものです。

解決策を知っている人から、まだ回答がされていないケースもあるかもしれませんが、

ある程度待っても解決する質問がこないのなら、諦めも肝心です。


如何だったでしょうか?

自分もかなりteratailを利用してきていますが、上記の内容を心がけることで、多くの回答を頂くことができました。

teratailは問題解決力にとても優れたツールです。

上手に付き合っていきましょう。

エンジニアのためのQ&Aサイト【teratail】

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)