【ポケモントリビア】最も多い「とくせい」って知ってますか?

とくせい。

それは、ポケモンそれぞれが持つ個性のひとつ。

使い分けることによって、ストーリーやバトルを有利に進めることができ、

どれだけ能力が低いポケモンでも、とくせい一つで成り上がることもある重要な要素です。

そんなポケモンたちがもつ、「とくせい」ですが、皆さんこんなこと思ったことありませんか?

「最も多いとくせいってなんだろう・・・?」

・・・・・・・

ここまで書いたところで、

「これ前回の記事と同じ書き出しじゃん!」と気づき、

自身の引き出しの少なさに絶望しました。

前回の記事↓

最も多くのポケモンに採用されている技は何か検証してみた!【シングル】
データ大好き人間の、ポケモンに関する検証記事5つ目です。 過去の検証記事↓ 皆さんポケモ...

・・・ということで、今回は「とくせい」について調べてきたので、

もう少しお付き合いください。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

とくせいについて、詳しく調べてみた

今回調査したいのは、最も多くのポケモンが持っている「とくせい」。

とくせいは、ポケモンの続編が出るたびに、種類を増やしていってます。

なので、そもそも現在(2016年時点)で、とくせいは何種類あるのかも調べてみた結果、現時点で186種類存在することが分かりました。

多すぎ!!

今年の冬にまたポケモンの続編が発売されますので、新しいとくせいも追加され、200種類は余裕で超えることでしょう。

だんだん新規でポケモン始める人の敷居が増していくのは気になりますが、

同時にポケモンの奥深さも増すことになるので楽しみですね。

では、前回に引き続き、5位からのランキング形式で、とくせいランキングを発表していきます。

隠れ特性(夢特性)もカウントした、現時点でのランキングです。

ポケモン特性数ランキングベスト5を発表!

5位 するどいめ 31匹

5位に「するどいめ」がランクイン。

主な使用ポケモンは「ポッポ系」「オニスズメ系」「ホーホー系」「キャモメ系」「ニャオニクス系」など。

鳥ポケモンが多くこの特性を持ち、他にも目が大きい、目つきが鋭いポケモンが多く所有しています。

この特性は命中率が下がらないという、「すなかけ」などの一部の技にしか効果がなかったためハズレ特性扱いされていましたが、

第六世代から、相手の回避率も無視するという効果も追加されたため、有用性が増しました。

続編が出るたびにこの特性を持つポケモンが追加されていっているので、サン&ムーンでもおそらくこの特性のポケモンも増えるでしょう。

楽しみですね!

多分序盤の鳥ポケモンです!!

4位 ふゆう 32匹

おなじみ「ふゆう」が4位にランクイン。

「ゴース系」「ドガース系」「チリーン系」など、翼はないけど宙に浮いているデザインのポケモンが多く所持しています。

他にもラティオス、ラティアスや、ユクシー、エムリット、アグノム、クレセリアといった伝説のエスパータイプのポケモンが多いですね。

じめんタイプの技やまきびしなどを無効にするという、単純ですが強力なとくせいですね。

余談ですが、このとくせいを持つポケモンは、ほとんど別のとくせいは持っていません。

確かに、とくせいは違っても見た目は変わらないので、個体によっては浮遊してないというのは変な話ですね。

※例外として挙げられるのはヨマワルのおみとおし、ドーミラーのたいねつ、ライトメタルです。

3位 ようりょくそ 35匹

「ナゾノクサ系」「マダツボミ系」「ハネッコ系」など。

当たり前ですが、このとくせいを持つポケモンはすべてくさタイプです。(葉緑素なので)

このとくせいを持つポケモンは別にリーフガードを持っているパターンも多いですね。

晴れ時に素早さが2倍になるという強力な効果を持ちますが、

「晴れ」にしないと効果を得られない、個体数のわりに扱い方が難しいとくせいですね。

2位 がんじょう 36匹

「イシツブテ系」「コイル系」「ココドラ系」など、文字通り頑丈そうなポケモンたちはほとんどこのとくせいです。

大体のポケモンがいわ、はがねタイプのどちらかを持っています。

例外で、かくとうタイプのダゲキ、こおりタイプのカチコール、クレベースも所持していますね。

このとくせいを持つポケモンは鈍重なポケモンが多いですが、先手で弱点を突かれても必ず一度の行動を保障する強力な特性です。

トップを突き進むメガガルーラには通用しないのが残念でなりません。

1位 すいすい 38匹

最も多かったとくせいは「すいすい」。

「タッツー系」「トサキント系」「ハスボー系」など、多くのみずタイプのポケモンが所持しています。

例外でいわ・むしタイプのアノプス、アーマルド、こおりタイプのツンベアーがこの特性です。

こちらも「ようりょくそ」と同じく天気に左右される特性で、雨時に素早さが2倍になります。

ただ、こちらは同時にみずタイプの技も強化することができるので、くさタイプのようりょくそに比べて実用性が上です。

サン&ムーンで、新たな雨乞いエースのポケモンが誕生するか、期待しましょう。

おまけ ベスト20

順位 とくせい 個体数
1 すいすい 38
2 がんじょう 36
3 ようりょくそ 35
4 ふゆう 32
5 するどいめ 31
6 いかく 27
7 せいしんりょく 26
8 プレッシャー 25
9 にげあし 24
9 むしのしらせ 24
9 ちからずく 24
12 こんじょう 21
12 シェルアーマー 21
12 ちょすい 21
12 あついしぼう 21
12 うるおいボディ 21
17 げきりゅう 20
17 すりぬけ 20
17 おみとおし 20
17 しんりょく 20
17 マイペース 20
17 もうか 20
17 すながくれ 20

こういったデータを見るのが好きな方や、データに自信がある方は、

私が運営するポケモンクイズ学園のポケモン帰れま10クイズというコンテンツで、

あるデータの上位10件を当てるクイズを扱っています。

よかったら挑戦してみてください!

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする