妄想パワプロオリジナル選手12「ラインドライブヒッター」

スポンサーリンク
レクタングル(大)

プロフィール

【名前】安部 太一(あべ たいち)

【投打】左投左打

【守備】外野手

【能力】

安打製造機、芸術的流し打ち

いぶし銀

走塁F、送球F、エラー

ミート多用

選手として

球界トップレベルのバットコントロールを持つアベレージヒッター。

ライナー性の打球を打つことに絞り、球種コース問わずミートすることが出来る。

中でも外角の球をレフト線ギリギリに打つ打球は「芸術的」とも評される。

バッティングセンスは天才的だが、足が遅く、左打者でありながら一塁到達平均速度は4.8秒。

そのため長打性の当たりでも、足の遅さゆえに単打に留まることが多いのが欠点。

また、その鈍足は守備でも足を引っ張り、守備範囲が極めて狭く、凡ミスも多い。

野球評論家も「いくら打率が良いと言っても、流石にあの守備は…」と、苦言を呈している。

あまりに極端な攻守の差に、張本勲以来の「打っても守っても安打製造機」の襲名(?)を受けた。

好プレー集

芸術的流し打ち。(なお単打)

作成にあたり

いわゆる「アヘ単」と言われる選手を作りたかったのです。名前も超適当。

自操作では、安打製造機の効果からか、めっちゃヒット性の打球が出やすいです。操作下手な自分が、上記のGIFのような当たりが割とポンポン打てるのです。さすが金特様様やで。

そんなわけで彼の打撃はとても楽しいのですが、守備範囲は本当に狭いので操作時はイライラさせられます。

打って楽しい、守って辛い、設定通りの分かりやすい選手が作れたとある意味満足です。

※作成はサクセススペシャル→パワプロ2018に引き継ぎ

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする