サイト内検索を極めよう!Googleのコマンド「site:」の便利な使い方

ぶら~っとTwitter見ていたら、自分がフォローしているスマブラプレイヤーの方で、このような呟きを見かけました。


スマメイトとは・・・僕が運営するスマブラの対戦を補助するWEBサービス
製作サイト2 スマメイト
ニンテンドー64から始まり、今もなお熱狂的なファンが多い「大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ」。 自分も64→DX→X→3DS,Wii...
紹介文とは・・・対戦したプレイヤーを他のプレイヤーに紹介できるスマメイトの機能

この、さ/ひともんじさんは、プレイヤーが書いた紹介文を一括で見たいという呟きをされていました。

残念ながらスマメイトには、特定のプレイヤーが書いた紹介文を一括で調べる機能がありません。

しかし、そんな不親切なサイトのために、Googleが便利な機能を提供してくれてます。

今回紹介する、Googleの「site:URL」です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

「site:URL」は、特定のサイト内でGoogle検索ができるオプション機能

特定のサイト内で検索を行いたい時に活用できる「site:URL」検索。

例えば、僕のこのブログ内でスマブラというキーワードで検索をかけたい場合は、

「site:http://kinocolog.com スマブラ」

と入力してみます。

すると、

WS000020

検索した結果、自分のブログの「スマブラ」に関するページが表示されました。

このように、特定のサイトに絞ってGoogle検索を行うことが出来ます。

基本的に各種ブログサービスや、大手のWEBサービスなどはサイト内検索機能は実装されてることが多いです。

WS000021

WS000022

しかし、今回の僕のサイトのように製作者がサボって検索機能がない場合は、この検索方法で自力で調べることができます。

では実際に、

こちらの疑問の解答として、「site:URL」検索を行ってみましょう。

こんな記事書くくらいなら検索機能付けろよとは言わないでください。

対応するURLを探そう

スマメイトにおける紹介文のURLは、

http://sumamate.com/chara.php?id=553

このように表示されます。

ここの「?id=553」の部分は、紹介文を書かれたプレイヤーによって異なるIDです。

なので、紹介文を書いたプレイヤーを一括検索する場合は、

「site:http://sumamate.com/chara.php」

でOKです。

後は、調べたいプレイヤー名をあわせて検索すれば、おそらく特定のプレイヤーの紹介文が結果として出てくるでしょう。

今回はその調べたいプレイヤーが分からないので、

例として、スマメイトプレイヤーのtaranitoさんが書いた紹介文を調べてみました。

WS000027

検索の結果、taranitoさんが書いた紹介文が無事表示されているのが分かります。

このように、「site:URL」を上手く利用することで、Googleから容易に情報を取得することが可能です。

まだまだある、「site:URL」の使い道

先ほど、

「基本的に各種ブログサービスや、大手のWEBサービスなどはサイト内検索機能は実装されてることが多い」

の述べましたが、そのすべてが検索対象になっているわけではありません。

例えば、

WS000024

ブログのサイト内検索は

WS000025

記事やタイトルは検索対象になりますが、

comment

ブログのコメントまでは検索対象としてない・・・等。

それに対して、Google検索は、全てのページのキーワードから情報を返すため、

上記のようなケースでも検索結果として返してくれるでしょう。

いつ、何処の情報が欲しくなるか分かりませんので、

今回お伝えした「site:URL」検索は是非頭に入れておいてください!

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする